読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

X220をシミュレーションしてみた。

売却をほぼ確定したX100eですが、その後継機として活躍する(予定)X220をシミュレーションしてみました。

シミュレーションの結果は...

CPU インテル Core i3-2310M プロセッサー (2.10GHz, 3MB L3, 1333MHz)

OS Windows 7 Home Premium 64bit 正規版 日本語

(思ったけどProfessional選べないなんて(ry)

ディスプレイ 12.5型HD液晶 (1366x768 200nit LEDバックライト) 2x2

GPU インテル HD グラフィックス 3000

メモリ 2GB PC3-10600 DDR3 (1スロット使用)

キーボード 英語キーボード

ポインティング・デバイス 指紋センサー

カメラ カメラ(HD 720p対応)あり

HDD 250GB ハード・ディスク・ドライブ, 5400rpm

バッテリー 6セル Li-Ion バッテリー

アダプター 65W ACアダプター

ワイヤレスLAN インテル Centrino Advanced-N 6205

メモリはX100eに挿入されている2GBを使い4GBに。 いずれは上海問屋などで8GBメモリ購入予定。

OSはHome Premium。 何故Professionalが(ry

カメラは720p対応で、X100eは標準のあれなので、高画質でSkypeしてみたい。

バッテリーは6セル。 これは期待出来そう。

価格はキャンペーン価格で11万1405円。 クーポンとか使えばもっと安くなるはず。

しかしこれ、実際はX220iなんですけどねぇ...