読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Apple Teacherになりました。

f:id:mobileiroiro:20170418094455j:plain

Appleは、2017年3月に「Apple Teacher」という教職員向けの認定プログラムを立ち上げました。Apple Teacherは無料で取得でき、MaciPadに関するクイズを答えて、各8項目をクリアすると認定される様になっています。

バッジをためて取れる仕組み。

f:id:mobileiroiro:20170418095709p:plain

Macの場合、項目にはMacの基本からiMovieGarageBandといったソフトウェアの使い方に関しても出題。

クイズの内容に関しては「授業でGarageBandを活用し、生徒の音声を録音したい場合どうすればいい?」などといった操作に関するアルゴリズムを答えていく問題もありました。

クイズで失敗してもまた解くことは出来るので、サイト内にあるスターターガイドを参照して復習したりも出来ますが、普段からApple製品使っている人とかなら結構すぐに解ける内容かなと思います。

ロゴが使える。

f:id:mobileiroiro:20170418100035p:plain

MaciPad、どちらかの項目すべてクリアするとApple Teacherとして認定され、Apple Teacherロゴが使えるようになります。ロゴはダウンロードして、サイト内のプロフィールなどに配置したり、名刺に掲載したりして使うことも可能。

MaciPadの各項目を全クリアした後には、Swift Playgroundsに関するクイズが開放されるので、次はそこをクリアしていきたいですね...(Swiftは頑張る)

iWork(Pages/Keynote/Numbers)、iMovieGarageBandが完全無料化に!!

4月19日から、macOSiOS向けのiWork(Pages/Keynote/Numbers)、iMovieGarageBandが完全無料化となり、OSに対応している製品なら誰でも使えるようになりました。

これまでは、2013年9月1日以降に購入したMaciPhoneのみが無料化となり、プリインストールされていました。

f:id:mobileiroiro:20170419093134p:plain

実際にApp Storeで見てみると、iOSiMovieはこれまで600円で販売されていましたが、4月19日現在、無料になっているのが確認されています。MacKeynoteは2400円で販売されていたので、結構お買い得!!

今回の価格改定で、教育向けにも活用していきたいという方針なんでしょうかね。

5,500円分のギフトカードが貰えるので学割を使い、iPad Proを購入。

f:id:mobileiroiro:20170417211304j:plain

キャンペーン自体はすでに終わってしまいましたが、4月11日にiPad Pro 9.7インチ(128GB Wi-Fi + Cellular)を購入しました。

キャンペーンは...

f:id:mobileiroiro:20170417211959j:plain

キャンペーンの内容としては、2017年2月7日〜4月13日に行われ、Macを購入すると8,500円分、iPad Proを購入すると5,500円分のApple Storeギフトカードが貰える内容でした。

終了間際に買ってしまったのか...?

当初、3月中にAppleが発表会を実施し、そこでもしかしたら10.5インチのiPad Proが披露されるのではと噂が出ていました。

実際に登場したら買おうと思っていましたが、結局、発表会は実施されず、実際に発表されたのはiPad Air 2の後継である「iPad(5G)」でした(iPhone 7 (PRODUCT)RED Special Editionと同時発表)。

f:id:mobileiroiro:20170417212814p:plain

iPad(3G)でもいいかなーと思っていましたが、ギフトカードの対象製品がiPad Proのみだった事と、現役で使っていたiPad(3G)がもう限界だったので、終了間際に購入という形になってしまいました...(

MP2J2J/A シルバー iPad Wi-Fi 128GB 2017年春モデル(iOS 10)

使ってみて。

iPad(3G)からの買い替えでしたが、流石にサクサク動きますね。とりあえずSIMはmineoのDプランで繋げています。

mineo エントリーパッケージ au/ドコモ対応SIMカード データ通信/音声通話 (ナノ/マイクロ/標準SIM/VoLTE)

次回は起動時間比較でもしてみたいと思います。

しばらくはiPad Pro生活してみたい。

JINSで眼鏡を買ったらメガネケースがリニューアルされてた。

f:id:mobileiroiro:20170402230314j:plain

久々にJINSで眼鏡を買ったら、無料で付いてくるメガネケースがリニューアルされていました。


デザインも柄も変わった!!

f:id:mobileiroiro:20170402230359j:plain

カラーは「赤」、「黒」以外にも「デニム柄」や「コルク」、「ミント」といった特徴的な柄が追加されています。

f:id:mobileiroiro:20170403003454j:plain

従来のケースよりも頑丈な作りになっています。フタの閉まりも強くなった感じで、サイズも一回り大きくなりました。

f:id:mobileiroiro:20170405155205p:plain

全部で5色。コルク柄いいですね。(このバリエーション、若干NuAns NEOっぽい気が)

眼鏡以外にも、小物を入れたりにも使えそう。

あの端末に近づいた?

ミントのケースを見ていると、なんだかあの端末を連想しそうに...

その端末は、

f:id:mobileiroiro:20170405160507p:plain

IS01、そうメガネケースです(違)

ちなみにこの色名は「LIGHT BLUE」でした。ちょっと惜しい...()

IS01(SH) ライトブルー 携帯電話 白ロム au

IS01(SH) ライトブルー 携帯電話 白ロム au

 

せっかくなので...

f:id:mobileiroiro:20170405160909p:plain

やりたかっただけです。はい。

一方、これまでのケースは...

f:id:mobileiroiro:20170402230931j:plain

従来のは、革張りとなっており、マグネットで閉まる方式でした。

f:id:mobileiroiro:20170402230724j:plain

カラーは5色あったケースでしたが、全色制覇するまで惜しかった...

ソニーストア札幌がオープン。

f:id:mobileiroiro:20170331145304j:plain

ソニーは、2017年4月1日に「ソニーストア札幌」をオープンしました。

場所は、2016年2月まで営業していた「Apple Store Sapporo」の跡地で、ソニーストアは店舗フロアである1階。展示会などを行うコミュニティフロアとして利用する2階というツーフロア構成となっていました。

f:id:mobileiroiro:20170401124454j:plain

オープン記念でMDR-100Aの初音ミクモデルが39台限定販売ということもあり、店内は人だらけで、開店前には250人ほどの列があったそうです。

筆者は残念ながら、開店から2時間後ぐらいに入ったので、開店する瞬間を目撃することは出来ませんでしたが、13時頃でもレジの列が途切れることはありませんでした。

ストア入口には、北海道のボーイズユニットである「NORD(ノール)」がオープニングを応援したり、ソニーマーティング 代表取締役社長の河野氏もお迎えしておりました。

ソニーストア札幌 概要

店舗名:ソニーストア 札幌

所在地:北海道札幌市中央区南1条西3丁目8−20

オープン日:2017年4月1日

営業時間:11:00〜19:00

初音ミクだ!!

f:id:mobileiroiro:20170331145931j:plain

札幌駅と大通駅間をつなぐ地下歩行空間にもソニーストアの広告が掲示していました。

北海道でもひと足早く桜が見れる!?

f:id:mobileiroiro:20170401122518j:plain

Xperia Z4で撮影)

4月9日の期間限定で、入口前にて「桜 in Sony Store」が実施。

この桜は「そら植物園」から協力を得て、実施され、4月1日と8日(予定)に桜が満開になるよう調整されています。

他にもPlayStation VRの体験会(要予約)や4月8日には福原美穂さんによるスペシャルライブ(受付終了)などのイベントも実施される予定です。

ビル名が変わっていた。

Apple Store Sapporoが営業していた頃は「QB札幌ビル」という名称でしたが、オープン日に訪ねた際には「メットライフ札幌プラザ」に変わっていました。

f:id:mobileiroiro:20170401221643j:plain

調べてみたところ、2014年7月に保険会社の「メットライフ生命(当時:メットライフアリコ)」が買収し、それに伴い名称が変わったという事でした。

 

f:id:mobileiroiro:20170331145139j:plain

これまで全国で4店舗しかなく、北海道未上陸だったソニーストア。今回の上陸によって、札幌市内にも新しいスポットが誕生しました。

今思うと、1年前の4月1日にはソニーストア 福岡天神がオープンしていたんですね(これ書いている時に知った)

f:id:mobileiroiro:20170401223305j:plain

(筆者も初めて実機で見たFES Watch

普段、家電量販店でもあまり展示していないソニー製品が体験出来る場所が増え、良い機会なので是非、いかがでしょうか!!

リンク

ソニーストア 札幌 | ソニーストアについて | ソニー

Galaxy S8/S8+発表。S7と何が変わったのか。

f:id:mobileiroiro:20170330013939p:plain

Samsung Electronicsは、3月29日(現地時間)ニューヨークでGalaxy S8/S8 +を発表しました。

歴代のSシリーズのデザイン比較

f:id:mobileiroiro:20170330013414p:plain

2010年の初代Sから最新モデルのS8まで。こう見ると結構変わっていますね。

S7と何が変わった?

① エッジスクリーンのみになった。

f:id:mobileiroiro:20170330010758p:plain

S7シリーズまでは、エッジスクリーンを採用したS7 edgeと通常モデルのS7(国内未発売)と2種類に分かれていました。今回のS8シリーズでは、「Infinity Display」と呼ばれる上下左右曲面なディスプレイを搭載し、5.8インチのS8、6.2インチのS8+の2種類が用意され、どちらもエッジスクリーンが採用されています。

 

② ホームボタンがソフトウェアキーに。

f:id:mobileiroiro:20170330010503p:plain

そして一番の変化として、これまでの物理キーのホームボタンを廃止し、ソフトウェアキーが搭載。バックキーとアプリの履歴キーは左右入れ替えることも可能で、他社端末を使っていたユーザーにも考慮した設計となっています。

本体カラーは、5色。

f:id:mobileiroiro:20170330005834p:plain
Coral Blue、Arctic Silver、Midnight Black、Orchid Gray、Maple Gold

ですが、日本語版のサイトでは、Coral Blue、Arctic Silver、Midnight Blackの3色のみ掲載され、国内で発売する際にはArctic SilverとMaple Goldは投入されないと言うことですかね...

 

 ③ 音声アシスタント「Bixby」

サムスン独自のAI音声アシスタントとして「Bixby」を初搭載。右側にある専用ボタンも用意され、そこから起動する仕組みです。

現時点で音声コントロール機能は、英語、スペイン語、韓国語に対応しており、日本語の対応はまだ未定。

他にもNote 7から対応となりましたが、USB-Cを採用しています。

正直、期待。

f:id:mobileiroiro:20170330114222p:plain

デザインもそうですが、S8には、AKGカナル型イヤホン(100ドル相当)も付属という力ぶり!!

3.5mmイヤホンジャック端子が無い端末も登場している中、ワイヤレスイヤホンの充電切れの心配もなく楽しめるのは素晴らしいこと。(そういえばGoogle Pixelの製品動画にもイヤホン端子対応をアピールしていましたね)

Galaxyといえば、昨年に起きたNote 7の一件でネガティブなイメージが強いですが、今年は心機一転して、S8に限らず同時発表されたGear VR、Gear 360、Dex Stationで「Dreams come true」していきそう。

f:id:mobileiroiro:20170330115616p:plain

( めんたいガジェットフェス2017のGalaxyセッションで予告された「Dreams come true...」 )

私も、S7以上に欲しいところ。Coral Blue、いい色だなぁ...

リンク

Samsung Galaxy S8/S8+ 製品情報(日本語版)

Samsung Galaxy S8/S8+ 製品情報(グローバル版)

Samsung プレスリリース(英語)

【3月28日まで】Galaxy Studio 福岡に行ってみました。

f:id:mobileiroiro:20170318195017j:plain

3月28日まで開催されているGalaxy Studio 福岡に行ってみたのでレポート。

Galaxy Studioは、現在販売しているGalaxy S7 edgeやGear VR、Gear S3などを体験できるイベントとなっています。

こんなことやってます。

2016年5月に東京で開催された映像。

イベント会場

f:id:mobileiroiro:20170318194928j:plain

天神にある「ソラリアプラザ」の1階イベントスペースゼファ。

イベントスケジュール

開催期間:2017年3月9日〜28日

開催時間:(月〜土曜)  11:00〜21:00

     (日曜・祝日) 11:00〜20:00

f:id:mobileiroiro:20170322231230j:plain

(↑会場内の様子)

体験ブースでは、Galaxy S7 edgeの商品展示や暗闇カメラ体験、Gear VRでマウンテンバイク体験、Gear S3でボクシング体験など8種類もありました。

f:id:mobileiroiro:20170319191057j:plain

最初に何か1つ体験すれば、スタンプカードが配られ、4つ以上集めたら「Gear VRでジェットコースター体験」の参加権、7つ以上集めると何かが貰える「スロットチャレンジ」の挑戦権を獲得出来たりもします。

とりあえずGear 360を体験!!

f:id:mobileiroiro:20170323010211p:plain

実際に撮影体験。撮った画像はQRコードからダウンロード出来るようになってました。(うわ、写ってるケータイオタクキモッ)

スロットチャレンジをしてみる。

景品にはGalaxy S7 edgeやGear S3、Gear VR、Gear 360、バッグがありました。

Galaxyロゴが3つ揃うと、再チャレンジだったものの、2回目ではずれ...

f:id:mobileiroiro:20170323011637j:plain

バッグを頂きました。ちなみに色はブラックとブルーの2種類から選べる。

めんたいガジェットフェス2017で貰ったシールを提示すると?

f:id:mobileiroiro:20170318201018j:plain

アスキーのシールを提示すると、「素敵なグッズ」が貰えました!!

f:id:mobileiroiro:20170323011738j:plain

ちなみにグッズは、Galaxyロゴ入りクリーニングクロスでした。

このデザイン、なんだかGalaxy S5のポリゴン調壁紙を思い出しますね。

f:id:mobileiroiro:20170323005513j:plain

他にも...

f:id:mobileiroiro:20170318200735j:plain

TwitterでGalaxyの公式情報をシェアするか#galaxystudioを付けて画像投稿すれば、ソラリアプラザ内で使えるクーポンが貰えるキャンペーンも実施していました。

Galaxy Studio、今回で8回目となり、初福岡での開催で、私も初めて参加しました。

ですが、結構体験出来る内容が多く、気づけば1時間ぐらい回っていました(笑)

まだ北海道では一度も開催していないので、今後開催して欲しいな!!と。

是非、福岡にお住まいの方やこれから福岡に行く方はGalaxy Studioへ!!

めんたいガジェットフェス2017に参加しました。

f:id:mobileiroiro:20170320003116j:plain

3月19日に開催された「めんたいガジェットフェス2017」に参加しました。ちなみに私は福岡、めんたいも今回が初めてでした。

私は端末4台にNintendo Switchも持ってきたので、おそらく普通な人だと思っています(勝手に)

フェスが終わってこの記事をホテルで書いていますが、かなり大雑把に内容を説明。(まあ、少しお酒入っているのでね)

開会!!

f:id:mobileiroiro:20170320002919j:plain

ここではAyano氏がMWC 2017のレポート。

NuAns NEO [Reloaded] セッション

f:id:mobileiroiro:20170320003005p:plain

トリニティの星川社長が登壇。

f:id:mobileiroiro:20170320004444j:plain

前半はトリニティの会社概要についてから、昨年の「NuAns NEO」誕生までを説明。

後半からは5月に発売予定している「NuAns NEO Reloaded」の紹介。

f:id:mobileiroiro:20170320003316j:plain

これが新作(NuAns NEO Reloaded、では)ないです。

発表会でも「薄さは正義」のスライドを使って披露したところ、報道関係者からあまり笑いは無く、お察し...(3回目の発表会で少し笑いが起きたそうです。)

0.7mmなら初代NuAns NEOのICカードスロットに入れて使えば、1台でWindows 10 MobileAndroid使えますね!(

あと、マトリックス観ます。

ASUS JAPAN セッション

f:id:mobileiroiro:20170320000935p:plain

WindowsタブレットAndroidスマートフォンSIMフリースマートフォンで国内No.1をアピール。

f:id:mobileiroiro:20170320004745j:plain

Zenfone 3はRAMが最大64GBも搭載!すごーい!(これはミス)

ここでASUS特有のじゃーんけーーーんタイム!(ASUSのイベントでは恒例らしい)

f:id:mobileiroiro:20170320004022j:plain

ちなみに私は全部負けました(じゃんけんのセンスが試されますね)。

Galaxy セッション

f:id:mobileiroiro:20170320000117p:plain

#Galaxy中の人である糸櫻氏が登壇。

最初はGalaxy S7 edgeのAndroid 7.0アップデートが提供された事について。

そこからは3月29日(現地時間)に実施予定である「Unpacked 2017」の話。

当日はライブ配信も行う模様なので、ぜひ注目。

ここで私は「今後のGalaxyにはケースなどが同梱してくるのか」「Galaxy Tabは国内で今後投入する予定はあるのか」2点質問しましたが、それに関連して山根博士が「ケースなどで儲けてる会社にロクな(ry」といった発言で、ピー音が鳴ってもおかしくないレベルまでに...(笑)

週間リスキーセッション

スペシャルゲストとして、Engadget Japanese編集長であるACCN氏が登壇。

だが、ここからは撮影がNGだったので、唯一連載OKだった事を今から載せたいと思います。

それは「oppoにソッポ」 by 山根博士

抽選会

f:id:mobileiroiro:20170320011154j:plain

ZenPowerやNuAns NEOオリジナルTシャツなどが当たる抽選会でしたが、私はPCメガネ当たりました!! やったぜ。

展示会場

f:id:mobileiroiro:20170320010038j:plain

ASUSは、Zenfone以外にもZenBookを展示。普段MacBook Pro(Mid 2014)を持ち歩いている私としては、わずか910gしかないZenBook 3はとても興味深い。

f:id:mobileiroiro:20170320010054j:plain

NuAns NEO Reloaded予約者で予約画面を見せると非売品のNuAns NEOケースが貰える特典も。

私は星川社長からスエードホワイトのボトムカバーを進められました(笑)

でも実際触り心地がとても気持ちいいので、欲しいところ(実際、予約するか迷っている)。

f:id:mobileiroiro:20170319175334j:plain

あまり関係ない話ですが、家にある貯金箱の蓋部分が丁度壊れたので貯金箱目当てでも買うのアリかなと...w

f:id:mobileiroiro:20170319142914j:plain

バッファローブースでは、会場内で提供しているFREESPOTWi-Fi同時接続実験をデモ。

撮影時では119台でしたが、担当者によれば最大130台まではいけるとの事でした。

おまけ

f:id:mobileiroiro:20170320005626j:plain

ロッカーに入れてて持っていくのを忘れた名刺... 今後何かあった時に使えればなと思いますので、私とお会いした方がいましたら交換したいと考えています。

そして、今回このようなイベントは初参加でしたが、とても楽しい時間を過ごせたと思いました。

スタッフの皆様、そして参加者の皆様、ありがとうございました!!

次回も参加するぞー!!

あと、Galaxy Studioにも行きましたので、後日紹介したいと思います。