ドコモがショッピングセンターで迷子探しサービスを2月1日スタート

ドコモとイオンは、埼玉県越谷市にある大型ショッピングセンターイオンレイクタウンで、屋内基地局と専用の端末を利用した迷子探しサービスを2月1日からサービスをスタートすると発表しました。


このサービスは、子どもが専用端末を持っていて、親は携帯の専用サイトから確認ができるサービスで、Flash対応の携帯で利用可能です。

この迷子探しの専用端末は無料で貸出ができて、作業員がもし迷子を見つけたら、専用端末に登録されている情報を親に連絡をとることも可能です。


受付は、Kaze・mori2階のインフォメーションセンターで貸出可能で、返却はインフォメーションセンターで可能。

200台の専用端末が用意されています。


詳しくはこちら